NEW

アレルギー疾患の法律が公布。国民総アレルギー時代がやってきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

2013267635186.jpg

生まれた時からアレルギーを背負っている場合も......

 とある皮膚科クリニックの診察室――。何カ所も蚊に刺され、脚が腫れ上がった患者を診察しながら、「こじらせると皮膚炎になるからね。アレルギーはあるの?」と院長センセイは、土気色で薄紫がかったカサカサ顔をほころばせながら問いかけた。日本全国の皮膚科クリニックの待合室は、いつもカサカサ、ボツボツ肌に悩む患者で混み合っている。ぜんそくとセットのアトピー性皮膚炎、食物アレルギーによる皮膚炎、じんましん......などなど。

 前述のように、皮膚科の医師でさえ自分のアトピー性皮膚炎を治すことができないこともある。まして患者は、どういう手立てがあるというのか......。それほど、アレルギー疾患を根本的に完治できない現実がある。おそらく、こんなに先端医療が発展している現代にもかかわらず、専門医だって医学の無力さ、未熟さを痛感しているはず。

●アレルギーの法律が見参!

 

 アレルギー疾患は、遺伝、環境、食生活、生活習慣等のさまざまな原因が重なりあって発症すると言われている。産声を上げる前、胎児の時から食物アレルギーという宿命を背負わされた人も少なくない。その原因をはっきりと特定できないまま、対症療法に邁進しているのが現状だ。しかも全国津々浦々、アレルギー疾患に悩んでいる患者が増えていることは確か。

 平成24年に東京の調布市で起きた学校給食による食物アレルギーの死亡事故もひとつのきっかけになったようだが、今年6月27日、国はアレルギー疾患対策基本法なるものを公布した。アレルギーを持つ人が安全かつ快適な生活を送ることができるよう、国をあげて取り組もうという前代未聞の法律である。いよいよ国民総アレルギー時代に突入したことを予感させる。