NEW

unBORDEヘッド鈴木竜馬氏インタビュー(前編)「まずはクラスの端っこの子たちに届けたい」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
141108_unborde_1.jpg

【リアルサウンドより】

 音楽文化を取り巻く環境についてフォーカスし、キーパーソンに今後のあり方を聞くインタビューシリーズ。第4回目に登場するのは、2010年に神聖かまってちゃんを第1弾アーティストとして“unBORDE”を立ち上げた、同レーベルヘッドの鈴木竜馬氏。RIP SLYMEをはじめ、きゃりーぱみゅぱみゅやゲスの極み乙女。など革新的なアーティストを世に送り出している同氏は、2014年11月1日付でワーナーミュージック・ジャパンの執行役員にも就任した。音楽市場が大きく変化する時代にあって、クリエイティブとビジネスの両面で新しい領域を切り開く鈴木氏に、レーベル運営の理念と方法論を詳しく訊いた。

「100万よりも20万の方が、どういう人たちなのか見える」

――unBORDEは、神聖かまってちゃんやゲスの極み乙女。など、高度な作家性を持ったアーティストたちをメジャーフィールドで活躍させていく、ということに目覚ましい成果を上げています。そこでは通常とは違う方法論が機能していると思いますが、2010年12月の立ち上げ時から掲げている「エッジ」というコンセプトについて、改めてお話を聞かせていただけますか。

鈴木竜馬(以下 鈴木):「時代感とエッジ」ということを立ち上げ当初から言っています。その表現が抽象的でわかりづらいかもしれないと思ったので、今は「ワンアンドオンリー」的なことも掲げています。背景には、ミリオンセラーの時代が過ぎ去った現在の、音楽を聴く環境や聴く人の姿がある程度見えてきたことがあります。レーベル立ち上げ時の会社のミッションとして、そういう認識を踏まえて、「100万枚×1」を作るのは難しいけれど、「20万×5」や「10万×10」など、どのような方程式でもロジックでも良いからグロスの数字を作っていこう、と。

続きはこちら