NEW

中森明菜、復帰絶望的か…アポすっぽかし、会食でトイレに籠もる、社長が生活費援助…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CD『プロローグ<序幕>AKINA NAKAMORI FIRST』(ワーナーミュージック・ジャパン)
 8月6日、芸能活動無期限休止中である歌手・中森明菜のベストアルバム『オールタイム・ベスト オリジナル』『オールタイム・ベスト 歌姫(カヴァー)』(ユニバーサルJ)が発売され、合計25万枚の売り上げを突破するヒットとなっている。中森本人も公式ファンクラブ発行の会報に「すきすきすき!?みんなのおかげで…とってもひょぉーばんが良いみたい!ジャケトも、すっごくかっこイイでしょ!?頑張たんだぁ!」(原文ママ)と感激のメッセージを寄せている。

 2010年10月から早くも4年以上、「体調不良」を理由に表舞台に顔を見せていない中森だが、一世を風靡した歌姫ゆえに根強いファンに支えられている。8月4日には、ファン代表のミッツ・マングローブをゲストに、選ばれた50名のファンが集まり、中森本人不在のまま先行視聴会が行なわれた。中森が「ちとくら〜くて、ちとさみしい」と評する新曲『SWEET RAIN』が流れると、涙ぐむファンもいたという。

 ちょうど1年前、週刊誌に隠し撮りされた中森の近影が掲載された。ひと月以上まったく外出しない中森を窓越しからとらえた写真だったが、うつろな表情でやせこけた中森の姿にショックを受けたファンは多かっただろう。だが、実はすでにその頃から復帰に向けて密かにプロジェクトが動いていたと、その関係者であるスタッフは打ち明ける。

「中森は業界の重鎮とのアポイントメントを、平気ですっぽかしてしまうのです。だから重要な打ち合わせの時には、スタッフが明け方まで中森と一緒に飲んで、そのまま翌日の打ち合わせに引っ張って行ったほどです」

 また会合の席で同関係者は、中森の不健康な食べ方にも驚いたという。

「レコ―ド会社幹部との食事会では、2時間のうちトータル1時間半はトイレに籠もっていました。少し食べてはトイレに駆け込み、また食べては駆け込むといった感じです。肝心な話しはほとんどできませんでした」(同席した関係者)

 重度の摂食障害を患っているとも思える様子だが、精神面でのダメージがまだ回復していないようだ。最近では悪化しつつあるという情報もあり、「本格復帰は絶望的」(芸能関係者)という見方が強い。