NEW

NMB48、最新作に込められた山田菜々へのメッセージ “明るい卒業”を見据えたグループの動向を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 NMB48がセンターに白間美瑠、矢倉楓子の二人を据えたシングル『らしくない』を11月5日にリリースした。山本彩、渡辺美優紀が背負ってきたグループの顔を、チームM所属の次世代二人が引き継ぎ、またシングルCDに盤違いで収録される各楽曲のチーム編成も、恒例になっていた白組、紅組、難波鉄砲隊名義ではなく、組閣を経て初期メンバーがそれぞれに配分されたN、M、BⅡの各チーム名義となった。48グループ全体が次世代の顔となるメンバーの育成、認知をはかるフェーズに入っていく中で、NMB48もまた今作で未来を見据えたひとつの形を見せた。

 今作に込められた「未来」には二つのベクトルがある。ひとつはもちろん、ながらく中心を務めてきた山本、渡辺体制の先を示す、新センターの起用である。白間、矢倉のWセンター抜擢は、この二人のみならず山本、渡辺以外のメンバーが現実的にグループの顔として選ばれる可能性を示したことに大きな意義がある。実際、山本や渡辺を除いた時に、白間、矢倉のみが他メンバーより抜きん出ているわけではない。そもそも、グループ内の立ち位置にかかわらず己のキャラクターを発揮することに長けた人材の多いNMB48メンバーは、それぞれのやり方、方向性で山本や渡辺に伍する存在感を見せる。同様に若いメンバーをセンターに据えるシフトに入った他の姉妹グループに比べても、現在のトップメンバーと次世代注目株とがもっとも拮抗したグループといえるかもしれない。もちろん、今回のWセンターを支える格好となった山本、渡辺がグループの第一線から後退する準備を始める気配などなく、表題曲「らしくない」はこれまでの顔だったメンバーと次世代、さらに移籍組である柏木由紀、梅田彩佳らの色が折り重なった、層の分厚い布陣になっている。その意味では、次世代への橋渡しと言い切ってしまうにはまだまだ時期尚早で、それぞれの世代、経緯を背負ったメンバーが並列に並んでいるようでもある。

続きはこちら