NEW

百田尚樹と宮根誠司がバトル!“たかじんの旗”取り合いが気色悪すぎ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

miyanehyakuta_01_141111.jpg
左/フジテレビ『Mr.サンデー』番組サイトより 右/百田尚樹ツイッター(@hyakutanaoki)より


 百田尚樹が故・やしきたかじんとその32歳年下妻・さくらさんの愛情物語をつづったという“ノンフィクション”『殉愛』(幻冬舎)。発売以降、テレビやスポーツ紙ではあざといまでの大プロモーションが展開されているが、そんな中、作者の百田がこんなクレームまがいのツイートをして、話題になっている。

「ミスターサンデーのやしきたかじんの再現VTRは実にひどい作りやった! 作り手に技術がないのはもちろんだが、何よりも愛がない! スタジオにいて、これほど情けない気持ちになったことはない…。」

 たしかに、11月9日、宮根誠司が司会を務める『Mr.サンデー』(フジ系)がこの『殉愛』を大々的に特集。百田自身も『金スマ』に続いて同番組にゲスト出演し、二人の感動物語について語っていた。百田のいう再現VTRはたかじんと妻の闘病生活を再現したものだが、感動の夫婦愛の物語をお茶の間に届けているさなかに、わざわざそれに水を差すようなクレームを口にするというのは、相当腹にすえかねたということなのだろうか。