NEW

20時間で大抵のことは学べる!? 誰でもできる効果的な「超速スキル習得」10のルール

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『たいていのことは20時間で習得できる』(ジョシュ・カウフマン/著、土方奈美/翻訳、日経BP社/刊)

 英会話、サーフィン、ギター・・・挑戦してみたいことはたくさんあるけれど、あれもこれもと手を出すと、三日坊主になってしまう。やってみたかったのに、いざ挑戦してみると、思っていたより難しかったり、練習する時間がなくて、挫折してしまうといった経験をした人は多いのではないだろうか。

 『たいていのことは20時間で習得できる』(ジョシュ・カウフマン/著、土方奈美/翻訳、日経BP社/刊)では、超速スキルの技と科学、つまり新しいスキルをできるだけ早く身につける方法を紹介する。

 本書には、新しいスキルを身につけようと決めたときに役立つ「チェックリスト」がある。このルールは「一時的に何かに夢中になる」という状況をつくり出すのに役立つ。他のすべてを忘れるほど何かに夢中になり、没頭すれば、超速スキル獲得は自然と成功するのだ。

■超速スキル獲得の10のルール


1 魅力的なプロジェクトを選ぶ
2 一時に一つのエネルギーに集中する
3 目標とするパフォーマンスレベルを明確にする
4 スキルをサブスキルに分解する
5 重要なツールを手に入れる
6 練習の障害を取り除く
7 練習時間を確保する
8 すぐにフィードバックが返ってくる仕組みをつくる
9 時計のそばで一気に集中する
10 量と速さを重視する

 新しいスキルを獲得するとき、常にこの10のルールすべてを意識する必要はないが、少なくともいくつかは大きな意味があるという。

 何か新しいスキルを学ぼうと思ったら、これに照らして、どのルールがそのプロジェクトに有効かを判断するのだ。

 さらに、学習とリサーチによってスキル獲得プロセスの効果を一段と高める方法がある。練習に飛び込む前に少しリサーチをすることで、貴重な時間とエネルギーと忍耐力の節約につながる場合もある。

 それは「効果的学習のための10の基本ルール」として説明されている。例えば、「スキルとそれに関連したトピックについて調べる」「わからなくてもやってみる」「心的モデルと心的フックを知る」「望んでいることの『逆』を想像する」「実際にやっている人の話を聞いて予想を立てる」といったものがあり、「なるほど」と思うルールがあるはずだ。