NEW

テイラー・スウィフトこそは次世代アイドルの雛形? その正しき「少女マンガ性」を紐解く

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 アメリカで新アルバム『1989』の初週売り上げが過去10年で最高を記録し、名実ともに洋楽トップアーティストに君臨したテイラー・スウィフト。2015年5月には来日公演が決定し、日本でも注目度が高まっている。

 全盛期のマイケルジャクソンやマドンナにも引けをとらない人気の過熱に合わせて、映画『ブルースブラザーズ』やエディー・マーフィーといった人気者を生み出し、唯一無比のお笑い番組として今なおアメリカのTV界で高い視聴率を誇る『サタデーナイトライブ』にて、あるコントが放映された。

 タイトルは、「スウィフタミン 出かけるときは忘れずに…」。

 車の中、カーステレオでFM放送を聴いている男が、流れてくる曲の素晴らしさに感動して涙を流すと、そこへDJの声が。「いやー最高! テイラー・スウィフトの最新曲をお届けしました!」すると突然、謎の発作が男を襲う。「うぅ、嘘だ! オレがテイラー・スウィフトの曲なんかで感動するわけがない。でもこの胸の痛みは、涙腺を直撃するこの感動はなんなんだ!?」そんな、今にも死にそうな体の男のもとへ医師が登場、あるクスリを飲ませようとする。「アナタにも症状が出ましたね。これが今、全米を襲う彼女の曲の素晴らしさを素直に受け止められないサブカル&ヒップな人達を襲う『アンチ・テイラー病』です。でも大丈夫! このスウィフタミンを飲めば、アナタも自分の心のホントウの声に従えるようになれるのです……」

 このシニカルなコントは大好評を博し、テイラー自身もTwitterで「アンチ・テイラー病にはスウィフタミン…効きます」とTweetし、大きな話題となった。いまや社会現象といえるほどに彼女の人気は高まっているが、その魅力の本質はどこにあるのだろうか。

続きはこちら