NEW

体温の低い子どもが増加、学習意欲や忍耐力の低下を招く一因か!?

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

kodomo.jpg
体温異常の子どもが4割以上との報告も

 子どもを抱っこするとポカポカと温かく感じるのは、平熱が大人より少し高いから。新陳代謝が活発なのに加えて、皮膚が薄く体の深部温度と皮膚温度があまり変わらないことがその理由だ。しかし最近、そうした子どもの体質が少し変わってきているらしい。

 保育園や幼稚園へ登園しても、すぐに遊ばずじっとしている子がいる。あるいは集中力に欠けて落ち着きがない子や、すぐにキレる子が増えてきた。その一因として、子どもの体温異常が指摘されている。

 近年、その傾向はさらに強くなっているようだ。2012年の「キリン アルカリイオンの水」のリリースには、こんな調査結果が掲載されている。

 ショッピングモールに来店した4〜10歳の子ども400人の体温をその場で測ったところ、36℃未満が18%、37℃以上が19%いた。調査したのは昼過ぎから夕方で、この時間帯の適性体温は36~37℃。実に4割近くの子どもが、何らかの体温異常を抱えている可能性があることがわかった。

●自律神経の不調が原因

 

 子どもたちが体温調節をうまくできないのはなぜか? それは呼吸、消化、発汗、体温調節などの生命活動を司る自律神経の働きが弱っているためだ。

 自律神経の働きを整えるには、朝明るくなったら起き、暗くなったら寝るという、人間本来の生体リズムに合った生活を送ることが大事。しかし今の子どもたちは、年々夜更かしになっている。前述の調査で生活習慣についても聞いたところ、21時以前に就寝している子どもはわずか24.5%。