NEW

大学教授が打ち出した、無理をしないのに夢がどんどん叶う「のび太メソッド」とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『ポケット版「のび太」という生きかた』著:横山泰行/アスコム

 「お客様の目線に立て」「目標をもっと高くしろ」「締め切りを守れ」「よいものを、より安く」など、日々、上司に言われ、あるいは言われなくても自分がそれを気にしすぎたり…。

 嫌々入った会社はもちろん、本当なら好きなはずだった仕事でさえも、日々のプレッシャーによって充実感を得られなくなっていませんか?

 努力して今の自分にないものを手に入れるのはよいことですが、いつもそんなこともできませんし、長続きもしません。

 そこでお薦めなのが、「のび太メソッド」。「えっ、あのドラえもんののび太のやり方…!?」と思った方、正解です。

 「のび太なんて、勉強も運動もできないし、改善に向けて何もしていないじゃないか」と思う方も多いでしょう。しかし、のび太の行動をつぶさに観察していくと、人生の節目節目では成功を勝ち取っているのです。例えば、劇場版では大活躍を見せ、しずかちゃんとも結婚しています。

 のび太をよく見ると、彼が独自の考え方にしたがって行動をしてきたことがわかります。決して、自分に努力を強いることはなく、「無理せず自分らしく」生きることで、成功する。そんなのび太がしてきたことをまとめたのが、「のび太メソッド」なのです。

 「のび太メソッド」を提唱したのは、富山大学名誉教授の横山泰行氏だ。横山氏は、『ドラえもん』を徹底研究しており、15年以上にわたり全作品を100回以上読んできた人物。ひみつ道具、セリフなどをExcelに打ち込んで、データ分析もしてきました。

 ここで幾つか、「のび太メソッド」を紹介しましょう。

■「失敗すること」までも楽しむ


 失敗なんて、どれだけ入念に準備しても、起きる時は起きるもの。予防策も大事ですが、それよりも失敗をした時の感情のコントロール術を身に付ける方が、現実生活には役立ちます。45年後の中年ののび太が、現在の小学生ののび太の体を借りたことがあるのですが、野球に飛び入り参加するも三振やエラーばかり。ただし、ジャイアンやスネ夫に怒られても、「いつまでもその元気を失わず頑張れ」と伝え、彼らに握手をします。また、宿題をしないことでカンカンのママに向かって「もっとしかって!!」と言います。

 こんなことができるのも、のび太に「失敗までも楽しめる長所」があるからなのです。

■かっこいい自分を想像する