NEW

経営厳しい地方競馬、兵庫競馬はなぜV字回復?大胆改革とユニークなPRで新規客獲得

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「そのだけいば・ひめじけいば 公式HP」より
 園田競馬場姫路競馬場を運営する兵庫県競馬組合(以下、兵庫競馬)は、2010年度に約5億5000万円の赤字に転落し、同年より県の方針による競馬事業存続の見極め期間(5年間)が始まり、早期の経営改善が求められた。同組合は12年度まで苦しい経営状況が続くが、翌13年度には単年で約5億3000万円の黒字を計上。今年度も大幅なプラス収益で推移しており、5年間の累積は黒字収支で落ち着きそうだ。

 廃止や経営難に陥る地方競馬主催者が現れる厳しい状況の中で、どのような手法で経営を立て直したのか。兵庫競馬の事務局長、松谷全隆氏に話を聞いた。

--まず、単年で約5億5000万円の赤字から、3年で約5億3000万円の黒字収益に回復できた要因を教えてください。

松谷全隆氏(以下、松谷) 大きな要因としては、第1に関西で初めてのナイター競馬をフルシーズン実施できたこと。第2に12年10月から日本中央競馬会(JRA)の在宅投票システム(IPAT)の会員に対してフルシーズン(96日間)の馬券販売が可能となったこと。第3に広島県内に場外馬券発売所を2カ所新設でき、購入の窓口を広げられたことが挙げられます。

 11年度に、経費を大幅に削減してなんとか黒字を出すことができましたが、単年では良くても、長い目で見るとジリ貧な状況にあることは明白でしたので、ナイター開催を含めて大きな改革を断行しました。

--アベノミクスの影響もあるのでしょうか?

松谷 関東に比べ、関西の景気回復状況は芳しくありません。競馬の売得金は、1人当たりの可処分所得に大きく左右されるので、景気の影響がないとはいえませんが、当組合は新しく実施した試みも多く、売り上げ向上の原因は一概にはいえません。1つ1つの要素を考慮しつつ、景気の影響についても今後判断するつもりです。

●困難と見られていたナイターを実施


--08年度に兵庫県より発表された「競馬事業の活性化による報告書」では、ナイター競馬の実施は現状では難しいとの記載がありました。ナイター実施に至るまでに、どのような経緯があったのでしょうか。

松谷 当時は、ナイター実施の際に最低でも30億円程度の費用が必要、といわれていましたが、北海道・門別競馬場が約8億円でナイター設備を整備することに成功したため、それをモデルケースに計画し直したところ、8億8000万円でナイター実施が可能と判明しました。