NEW

山崎あおいが歌おうとする“感情”とは?「深くえぐるっていうよりは、かすり傷を残していく」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
141118_ya_3.jpg

【リアルサウンドより】

 アコースティック・ギターをかき鳴らしながら、爽やかさと憂いが入り混じったペイルトーンの歌声で、心の景色を綴るシンガー・ソングライター、山崎あおい。ほっこりとあたたかい景色を描きつつも、最後には切なさが胸をひっかいていく歌が注目を集めている。今年1月にリリースしたメジャー1stアルバム『アオイロ』は好リアクションを得て、また新世代ギター女子の筆頭格として、住岡梨奈や新山詩織などと共に特集を組まれるなど、その存在感も高まってきた。今回は6thシングル『ふたりで歩けば』の話を伺いながら、彼女の曲作りについて、感じていること、心の風景についてインタビューをした。人見知りなんです、と言いながらも想いをまっすぐ伝える人懐こい笑顔はとても印象的だった。

・「今、やさしい気持ちで接している、このあったかさを忘れないようにしたい」

――「ふたりで歩けば」は初のアニメの書きおろし曲ですね。

山崎あおい(以下、山崎):ずっとやってみたかったことではあったんです。個人的には、映画を観て勝手に主題歌を書くという書き方はよくしていたので、楽しんでできたと思います。

――作品を観て、どんなテーマで書こうと?

山崎:アニメの制作側からは、絆をテーマにと言われていました。絆って言葉は、あまり深く考えたことはなかったので、どうしよう?って考えていたんですけど、実際にアニメを観て、ピンポイントで絆というよりは、観た後にすごくあたたかい気持ちになりました。このアニメは団地の中での友達との出来事や、学校や近所づきあいをあったかく描いているアニメなんですけど、それを観て自分も、小さい頃に過ごしていた街や一緒に育った友達のことを思い出してあたたかい気持ちになったんです。それで、むかし一緒に育ってきた人のことを考えながら曲を書こうと思ったんです。

続きはこちら