NEW

坂上 忍が語る、デヴィッド・ボウイの魅力「変化に対して勇気を持ったアーティストだ」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20141118-sakagami1.jpg

【リアルサウンドより】

 デヴィッド・ボウイのデビュー50周年を記念したベストアルバム『NOTHING HAS CHANGED 〈DELUXE EDITION〉』が11月19日にリリースされる。1964年のデビューシングルから、2013年の『THE NEXT DAY』まで収録された今作は、ロックヒストリーを代表するデヴィッド・ボウイを知る上で、重要な1枚だ。今回は、今年8月の『FNSうたの夏まつり2014』で「レッツ・ダンス」を披露し、話題になった坂上 忍さんにインタビュー。長年のボウイ・ファンである坂上さんにデヴィッド・ボウイの魅力を訊いた。

・「こんなにおしゃれで品のある変態っているんだ」

坂上 忍(以下、坂上):その前に「堂本兄弟」(5月)という番組に声をかけられたときに唄ってくれないかと言われまして。候補曲を5曲提出してくれということだったんですが、視聴者の方がよく知ってる邦楽の方がいいのかな、と思いながら候補を出したんですね。しかし、ぼくは基本的に邦楽をよく知らないので、1曲だけボウイの「レッツ・ダンス」に差し換えて提出したんです。測るわけじゃないんですけど“どうせ、こういうの選ばないんでしょ”って気持ちで書いたら、プロデューサーさんが同年代ということもあって、「レッツ・ダンス」でお願いしたいって言われたんです。それでちょっと喜んじゃって、調子に乗って唄っちゃったら、FNSにも出てもらえないかって言われて。もう、最悪ですよね(苦笑)。だって、歌手のひとばっかりのなかでねぇ。それで、そのプロデューサーさんが慰めの言葉でぼくに言ったのが“去年は三谷幸喜さんが唄ってくれましたから”って。ああ、ぼくはその枠なんだって思いましたよ(笑)。それで大分気が楽になって、やらせていただいちゃいました。

――反響はいかがでしたか?

坂上:アッコさん(和田アキ子)は、びっくりしてました。会場についてアッコさんの楽屋に挨拶しに行ったんですが、“何でお前が来てるんだ”って言われて(笑)。アッコさんも大先輩ですけど、あの年代で洋楽に対する強い想いのようなもの、レイ・チャールズが大好きな方ですからね。だから、ぼくがデヴィッド・ボウイを唄うということに対して、非常に驚かれていましたし、とても偉いと言われました。

続きはこちら