NEW

松任谷由実、竹内まりや、中島みゆき……JUJUが歌う名曲カヴァーはなぜ特別な響きを持つのか?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
141029_juju_a.jpg

【リアルサウンドより】

 現在の日本のポップ・シーンにおいて屈指のシンガーと言えるJUJU。その彼女がハイレベルのプロデューサーたちを招きながら、秀逸なカヴァー・アルバム『RequestⅡ』を作り上げた。彼女が発表してきたカヴァー集の中でもとりわけ強いこだわりを感じさせるアルバムであり、それが作品トータルのクオリティの高さに直結している。そしてここでは、JUJUの歌に対する真摯で熱い姿勢が静かに、しかし、たしかに感じられるのだ。

 本盤は、今なお色褪せることのない女性シンガーの名曲たちを、JUJUがファンからのリクエストに応えてカヴァーするというコンセプトの作品だ。2004年のデビューから10周年。幾多のオリジナル曲のヒットを生み出してきたJUJU。N.Y.在住時代に培ったJAZZ素養を存分に発揮したジャズ・アルバムもヒットを記録。そんな彼女がデビュー当時から、もうひとつ大切にしてきたもの、それはカヴァー楽曲だ。洋邦問わず、現在までリリースしてきた27枚のシングルすべてに、カヴァー楽曲を収録している。そして2008年には、12ヶ月連続のマンスリー・カヴァー・ライヴ「ジュジュ苑」をスタート。2010年には、ファンからJUJUに歌って欲しいJ-POPの名曲たちを、国内トップ・プロデューサーたちとの豪華共演で制作した『Request』をリリースし、女性シンガーのカヴァー・アルバムとしては史上初のオリコン2週連続1位を記録。2012年には日本武道館を始め、全国ツアーへ発展するまでにJUJUのカヴァー人気は高まり、さらに10周年の今年10月には自身初となる、さいたまスーパーアリーナで25,000人のファンを集客した「ジュジュ苑」を成功させた。「ジュジュ苑」では洋楽/邦楽やジャンルの垣根、またオリジナルバージョンの歌い手の性別さえも超えた楽曲が選ばれているのだが、このカヴァー・シリーズ「Request」ではそれがJ-POPの女性曲に絞られているわけだ。

 まず興味深いのは、その選曲である。竹内まりやの「シングル・アゲイン」、NOKKOの「人魚」、中島みゆきの「糸」、LOVE PSYCHEDELICOの「Last Smile」……と、どれもJ-POP史を彩ってきた名曲を中心に、JUJU独特の絶妙な選曲がズラリと並んでいる。

 最大の焦点は、もちろんJUJUがその名曲群にどう向き合っているか、ということになるわけだが……これがじつに素直な、誠実な歌になっているのだ。

続きはこちら