NEW

競馬・ジャパンカップ、最強メンバー勢揃いで高配当確実?カギを握る6頭の状態とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャパンカップで臨時ボーナスとなるか

●最強の日本代表馬が集結

 4投手の継投によるノーヒットノーランで3勝目を挙げ、侍JAPANこと日本代表チームが24年ぶりの勝ち越しを決めた2014SUZUKI日米野球、来年1月のAFCアジアカップで連覇に期待がかかるサッカー日本代表、テニス・ATPワールドツアーファイナルに日本人として初めて出場した錦織圭選手には日本中が熱狂した。このように、11月に入って各スポーツで国際試合が行われたが、競馬でも国際試合として最も歴史のあるジャパンカップが11月30日に東京競馬場で行われる。

 ジャパンカップは優勝賞金2億5000万円という、競馬に限らず国内すべてのスポーツで最も高額な賞金に位置するビッグイベントだ。シーズンを通して行われる日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)1部の優勝賞金が2億円、プロゴルフツアーの最高賞金額でも4000万円であることに比べれば、わずか2分25秒ほどのレースの賞金としては破格だ。

 そのジャパンカップに出走する今年のメンバーは、考えうる国内最強メンバーが勢揃いしたと言っても過言ではない。

ジェンティルドンナ:ジャパンカップ2連覇中の最強牝馬
ジャスタウェイ:世界ランキング1位の世界最強馬
ワンアンドオンリー:2014年、第81回東京優駿(日本ダービー)優勝
イスラボニータ:2014年、第74回皐月賞優勝
スピルバーグ:2014年、第150回天皇賞(秋)優勝
ハープスター:2014年、第74回桜花賞優勝
フェノーメノ:2014年、第149回天皇賞(春)優勝
エピファネイア:2013年、第75回菊花賞優勝
トーセンジョーダン:2011年、第144回天皇賞(秋)優勝

 このように国内馬だけで9頭のG1優勝馬が出走を予定しており、加えてすべてG1優勝馬の外国馬も3頭出走するのだ。これだけの豪華メンバーが集まると、「どの馬券を買えばいいのかわからない」という人も多いだろう。

 そこで今回、豪華メンバーが勢揃いしたジャパンカップに関する情報を老舗の競馬情報サイト「競馬セブン」に聞いた。

現役トラックマン古川幸弘のオフレコ情報は必見

●競馬界を代表する関係者が集結

--貴サイトで提供している情報について教えてください。

競馬セブン担当者 元騎手であり元JRA競馬学校教官でもある徳吉一己(教え子は福永祐一など第一線で活躍)、競馬専門紙「勝馬」でも活躍したトラックマン(記者)の古川幸弘、今年の3月末までJRA調教師だった嶋田潤、元札幌馬主会理事でオーナーブリーダーのパイオニア的存在である斉藤隆、元社台スタリオンステーション荻伏場長の林勲という他に類を見ない最高の競馬関係者が集結したのが競馬セブンです。

 さらに上記の看板スタッフ5人を筆頭に、数百人単位の情報網が在籍。現代競馬の4大ネットワークといわれている「トレーニングセンター、馬主、牧場(生産者)、社台グループ」のすべてに精通しています。そういったネットワークを通じ、一般のスポーツ紙や競馬専門紙では入手不可能な本物の関係者情報および予想を競馬ファンにお届けしています。

--ジャパンカップはどんなレースになると予想していますか?

競馬セブン担当者 当サイトでは、3連複2850円を的中させた秋の天皇賞週以上に力が入っており、「今秋最大の勝負レース」と位置づけ、全情報網に「絶対的中」の大号令をかけています。会員の皆様が巨額の払い戻しを得られるよう、最大の準備を進めております。

 そんなジャパンカップは、巷では凱旋門賞に出走したハープスターとジャスタウェイ、天皇賞組のスピルバーグ、ジェンティルドンナ、イスラボニータに注目が集まっていますが、ダービー馬のワンアンドオンリーも無視できません。出走メンバーいずれの陣営も優勝を本気で狙っているのはもちろん、12月28日の大レース、有馬記念を度外視してジャパンカップに照準を合わせている馬もいます。

 予想家ごとに本命視する馬の意見が割れることは間違いなく、仮に上位人気での決着となったとしても高配当が見込めるレースになるでしょう。

--どうすればこのジャパンカップで馬券を的中させられますか?

競馬セブン担当者 当社のもとには、オフレコ扱いの情報が当たり前のように入っています。特に、G1レースが開催される週には必ず大攻勢をかけてくる社台グループから入ってくる情報は貴重です。ジャパンカップは、社台グループにとっても、何がなんでも勝ちたいレースなのです。注目を集めているハープスター、ジャスタウェイ、スピルバーグ、ジェンティルドンナ、イスラボニータ、フェノーメノは、いずれも社台系の馬です。

 この業界を見回しても、今年のジャパンカップのカギを握っている上記6頭の状態を完全に掌握できるのは当サイトだけと自負しております。実際に当サイトの情報を体験していただければ、他サイトとは一味違うことを実感できるでしょう。

--ありがとうございます。

 ジャパンカップ直前は、テレビ番組やスポーツ紙など、多くの媒体でレースの特集が組まれるなど、日本全国が盛り上がる。競馬セブンの見解通り高い配当となる可能性の高いこのレースで馬券を的中させることができれば、周囲から羨望のまなざしを集めるだろう。また、臨時ボーナスを得られるまたとないチャンスだ。競馬セブンだけが入手できるという内部情報に注目してみたい。
(文=編集部)                  競馬セブン