NEW

「音楽の天才」としての森山直太朗 デビュー以来揺るがない歌への思いとスタンスを追う

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
141122_mn_a.jpg

【リアルサウンドより】

「彼は天才なんですよ。世の中の人たちにそれがどれだけ伝わっているかわからないですけど、本当にパーフェクト超人。歌もできるし、喋りもできるし、芝居もできるし、実はダンスもできる。そして、誰とでも仲よくなれる」。

 これは、つい先日、綾小路翔に取材をした時に彼が語ってくれた森山直太朗評だが、自分も常々まったく同じことを思ってきた。そこにつけ加えるなら、森山直太朗は実はかなりのイケメンだと自分は思うし、10年以上前から取材で顔を合わせてきたけれど、当時から現在まで驚くほど見た目も中身も歳をとっていない。ちなみに「さくら(独唱)」「夏の終わり」「太陽」「生きとし生ける物へ」などで連続ヒットを飛ばしていたのが、ちょうど11年前から10年前にかけて。「『さくら』の一発屋でしょ?」的なことを言われがちな森山直太朗だが(というか彼自身もよくネタにしている)、実は上記4枚のシングルはすべてトップ10入りしているほか、これまでシングルもアルバムもコンスタントにスマッシュヒットを記録していて、毎回かなり凝った演出がなされるツアーの集客力も非常に高い。つまり、ミュージシャンとしての堅いファンベースは着実に築いているのだ。

 一方で、ファン以外の人たちにとっての森山直太朗のイメージといえば、特に近年はテレビのバラエティ番組などで見せる愛嬌あるキャラクターだろう。今年はテレビドラマでの(舞台以外での)役者デビューを、13年振りに復活した国民的人気ドラマ「HERO」第1回のメインゲストという大役で果たしたことも記憶に新しい。重要なのは、それらの仕事を森山直太朗はただ器用にこなしているのではなく、常に番組の作り手の要求を遥かに超えるレベルでやってのけていること。まさに「パーフェクト超人」と呼ばれる所以である。いつもそれを涼しい顔でやってのけてしまうから、つかみどころがないと感じている人もいるかもしれないけど。

続きはこちら