NEW

嵐ヲタはジャニヲタのなかで特権階級? 人気者ゆえ嵐ヲタの贅沢な悩み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

arashi_141123.jpg
デビュー15周年を迎えた嵐。その人気を支えるファンにとっては、悩みも幸せ?


 11月3日にデビュー15周年を迎えたアイドルグループ・嵐。今年9月20日・21日には、15年前にデビュー会見を行った思い出の地・ハワイで記念コンサートが行われ、日本からは1万3000人ほどのファンが駆け付けたという。ハワイ公演は、ファンクラブを通じた公式ツアーが組まれ、チケット代を含んだ参加費用は20万円後半〜50万円台とかなりの高額。それでもハワイでは日本人があふれていたというのだから、嵐ファンの行動力・経済力には脱帽だ。

 幅広い年代に支持されているとはいえ、嵐ファンは簡単に50万円も払えるだけの経済的な余裕、簡単に3〜4日間日本を離れられるほどの時間的な余裕があるのかという疑問が残る。

 それを晴らしてくれるのが、『嵐ファンあるある』(火月にのみ、夢見月桃子・著、田巻玲未・絵/TOブックス)。そこには、「コンサートの日程が発表された瞬間から、日程調整と資金繰りは始まる」という“回答”が書かれている。同行予定のファン仲間とともに、会社は休めるか、家を開けられるのかを相談。ときにはもやしと素麺で食費を浮かせ、資金を調達することもあるのだ。