NEW

江角マキコ、ママ友いじめ騒動で長女転校先の“評判” 芸能人ご用達、派閥争い存在か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江角マキコ(「『ショムニ』オリジナルサウンドトラック Vol.2」<ポニーキャニオン>より)
 11月20日に放送された『ダウンタウンDX』(読売テレビ)内で、出演した長嶋一茂が「落書き騒動」に言及した。松本人志(ダウンタウン)が「一茂さんに『落書き』とか言わないように」と突っ込むと、「僕からは言えないんで、言っていただいたほうがスッキリするんです」と長嶋は笑顔を浮かべた。

江角マキコママ友いじめ騒動」が発覚したのは今年7月。その後は、江角の元マネージャーが長嶋宅の外壁に落書きした件で警察の事情聴取を受け、指示をしたと報じられた江角の逮捕説まで囁かれる騒動に発展した。江角は落書きへの関与は否定しているが、江角の夫でフジテレビプロデューサーの平野眞氏が長嶋家に謝罪し、事態は収束に向かった。

 気の毒なのが江角の小学4年生の長女だ。母親たちの騒動に巻き込まれ、それまで通っていた有名私立小学校を転校するハメになった。週刊誌記者が語る。

「転校先として江角が選んだのは、東京都内のインターナショナルスクールです。世界中のさまざまなバックグラウンドから来た子供たちが集まっている環境では、芸能人の子供だからといって、いちいち騒がれることがないのが選択した理由だといわれています。江角とは別のスクールですが、木村拓哉・工藤静香夫妻の子供や、木梨憲武・安田成美夫妻の子供も、子供をインターナショナルスクールに通わせています」

 江角の娘が転校した都内にあるインターナショナルスクールは、まだ歴史が浅く、芸能人枠があるというのがもっぱらの評判だ。シングルマザーで1人息子を育てている安室奈美恵も、中学まで息子をこのスクールに通わせていた。同スクールに子供を通わせる父兄が語る。

「うちのスクールは、週に2回の日本語の授業以外は全部英語ですから、英語力が必須です。子供の入学試験はもちろん、親子面接でも英語力を問われます。噂では、芸能人の子弟だと英語が話せなくても入学しやすいといわれています。例えば布袋寅泰さんの娘さんは、2012年に一家でロンドンに移住する前に公立小学校から転校してきたのですが、まったく英語が話せませんでした。なので理事長の息子さんが、授業が終わった後にマンツーマンでレッスンをしていました。一般家庭の子弟だったらあり得ません。入学を許可されないか、うまく入学したところで英語についていかれなくなれば、『ELS(英語を母国語としない子供たちの特別授業)でちゃんと勉強しなさい』と突き放されます。11年の東日本大震災以降、欧米から来ていた駐在員家庭の多くは自国に引き上げてしまったため、同スクールは定員割れが続いています。財政を維持するためスクールのほうもハードルを低くして、英語が話せない日本人でも定員枠いっぱいまで入れるようにしているのでしょう」(同)