NEW

テレビ通販とネットワーク通販のサプリは安心して購入できるか?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス「サプリメントの天国と地獄(ヘルシーパス代表取締役 田村忠司)連載第2回」より】

 毎日朝から晩までテレビ・ショッピングでさまざまな商品が宣伝されていますが、その中で健康や美容にかかわるサプリメントの紹介は飛び抜けて多いものの一つと言えましょう。では、テレビ通販で紹介されているサプリメントはお勧めできるものなのでしょうか。残念ながら、サプリメントを実際に製造している私の視点からすると、すべての商品が安心してお勧めできるか?は疑問です。

テレビ通販の経費や原価の構造は?

 テレビを使った販売方法には、一度に多くの視聴者に訴えることができるメリットがあります。まさにテレビというマスメディアの力です。しかし、それゆえに製品を作る側にとっては、デメリットも多いのです。関係者からお聞きした話によると、あるテレビ局の場合、販売額のうちテレビ局の取り分は6割、残りの半分を企画会社がもらい、メーカーが手にするのは最後の2割だそうです。つまり、10,000円の商品だと、テレビ局が6,000円、企画会社が2,000円、メーカーは2,000円ということになります。
 
 さらにテレビの場合は、放送後に注文が殺到して、「すぐ売れ切れました」では話にならないため、欠品がないように1万件の注文に答えられるための在庫を用意するよう求められるなど要求水準は極めて高いものがあります。もちろん売れ残りが生じてもそれはメーカーの負担です。これではメーカーはリスクを少なくするため、製品そのものには、きちんと費用をかけられません。もちろん、大手テレビ局で放映するのか、専門のテレビショッピングチャネルで販売するのか、などによってテレビ局の取り分など販売の条件はいろいろと変わるのでしょうが、メーカーの負担とリスクは相当なものと見ておく必要があります。
 
 もう一つの問題は、テレビ通販ではサプリメント商品の細かな「原材料表示」を公開しているものはなかなか見当たらないことです。サプリメントを見極める上で最も重要なのは、その商品にどのような成分がどれだけ含まれているかという情報です。にもかかわらず、その情報がないのでは、地図なしに旅行するようなものです。