NEW

柴咲コウと交際報道の中田英寿に“異変”?なぜアレを始める?囁かれる年末“駆け込み婚”

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『中田英寿 鼓動』(小松成美/幻冬舎文庫)
 女優の宮沢りえや小雪、フリーキャスターの滝川クリステルなど数多くの女性たちと浮名を流してきた元サッカー日本代表の中田英寿。その中田と女優の柴咲コウが結婚も視野に入れた真剣交際をしていると一部メディアで報じられた。第一報から約1週間たった11月25日、中田は東京都内で行われたゴルフウェアブランド「DESCENT GOLF」のアンバサダー就任発表会に登場。いつになく芸能マスコミを中心とした報道陣が集まったイベントに姿を現したが、報道陣からの「交際報道は本当ですか?」という呼びかけに、無言で不快な表情を見せた。

 03年、中田は女優の宮沢りえとのキス写真を掲載した「BUBUKA」(コアマガジン)と「週刊現代」(講談社)に対し、名誉棄損を訴え賠償金を求める訴訟を起こしたこともある。「現代」に対しては高裁で逆転敗訴していることもあり、中田の“芸能マスコミ嫌い”は知られている。そんな因縁もあるだけに、25日の会見場に集まった5台のテレビカメラ、スポーツ紙の芸能担当記者ら約30人の報道陣は、この日の中田の対応は想定内のことだった。イベント関係者によると「心なしか、報道陣の方もそんなに熱が入っているようには見えなかったですね」と明かす。事前に囲み会見は設定していない旨を知らせてあったというが、どの媒体からもクレームや要求はなかったという。

 06年にサッカー選手としての現役を引退してからの中田は、FIFA親善大使、東ハト執行役員、一般財団法人TAKE ACTION FOUNDATION代表理事。観光庁アドバイザリー・ボードメンバーなどを務め、CMやイベント出演などほぼタレントのような活動をしている。サッカー関係者は「もっと日本のサッカーに恩返しをするような活動をしてほしい。残念だ」と嘆く人もいる中、世界中を巡る旅人のような生活をしている自由人としても知られる。

 そんな中田が結婚を本当に真剣に考えているのか、交際を否定する報道も多く現時点では真偽は定かではないが、今回の会見で中田をよく知る記者を驚かせたのが、アンバサダーの仕事の1つとして本気でゴルフに挑戦するという発言だ。これまで中田はサッカー選手や国内外の友人たちにゴルフに誘われる機会もあったが、プレーすることはなかった。中田は「プレーだけじゃなくマナーも覚えたり、ファンサービスも覚えたりしなきゃいけないので、人間として勉強になる。僕の場合、感情的に怒りが湧いてくるタイプだから」とコメント。会見に参加したスポーツ紙記者は語る。

「中田も変わったな、と思いました。変化の理由が柴咲の影響かはわかりませんが、確実に丸くなったというか、大人の対応を覚えたという印象を受けました。精神的にもっと成長しなければいけないという“強い意志”が感じ取れました」と

 過去の交際相手たちも変えられなかった中田の意識を大きく変えたのは、果たして柴咲なのか。柴咲は現在、7年ぶりの“月9”ドラマ『信長協奏曲』(フジテレビ系)に出演中であり、撮影中はハードなスケジュールが続く。芸能記者の間では「ドラマ最終回前後から年末にかけて、“年内駆け込み婚”など大きな動きがあるのではないか」とも囁かれる中、しばらく2人の動向は注目を集めそうだ。
(文=編集部)