NEW

渡辺美優紀、ソロデビュー曲初披露で号泣「1週間前から、『Mステ』と同じ時間に練習してた」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の11月28日放送回にe-girls、AKB48&渡辺美優紀、KANA-BOON、KinKi Kids、家入レオ、ゲスの極み乙女。、西野カナが出演した。

 1番手には、e-girlsがUHA味覚糖『e-girls × e-maのど飴』のキャンペーンソングであり、冬にぴったりのダンスナンバー「Mr.Snowman」を歌い踊った。

 2番手にはAKB48&渡辺美優紀が登場。渡辺は『じゃんけん大会』で優勝し、勝ち取ったソロデビューについて「緊張しすぎて、1週間前から今日と同じ20時20分に練習してました」と一人で舞台に立つ重圧を語った。その後、渡辺は「やさしくするよりキスをして」を派手な衣装で歌い、続いてAKB48が38thシングルの表題曲「希望的リフレイン」を披露した。楽曲が終わると、渡辺は「終わって良かった~。(パフォーマンスは)良くなかったけど…」とスタジオで大泣きし、タモリと弘中綾香アナウンサーから慰められた。

 続いて、西野カナと家入レオが登場。西野が福岡県出身の家入に対し「福岡のお土産っていつも『通りもん』を買って帰るけど、ほかにも良いものがあったら教えてください」と質問。家入は「福岡って意外に“ラーメン県”じゃなくて“うどん県”で。『牧のうどん』とかは空港で買って帰れるようなお土産用もある」と回答。これに対し、同郷出身のタモリが「鶏卵素麺って知ってる? 鳥の黄身が素麺みたいになってて砂糖でガチガチに固めてるの」と語り、ローカルトークで大いに盛り上がった。その後、西野カナは新アルバム『with LOVE』から「恋する気持ち」を熱唱。家入レオはTBS系金曜ドラマ『Nのために』主題歌のバラード「Silly」を歌い上げた。

続きはこちら