NEW

自民党の“公平”圧力に『朝生』が屈服!じゃあ安倍首相の単独出演は公平なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

asanama_01_141129.jpg
テレビ朝日『朝まで生テレビ』番組サイトより


 早速、効果が現れたということだろうか。先日、リテラが取り上げた自民党による各テレビ局への「報道の公平を求める」通達の事実はその後、共同通信、朝日新聞や毎日新聞などでも報道され、識者の間で「報道への圧力」という批判の声があがるなど、大きな問題になった。

 ところが、その直後、テレビ朝日の『朝まで生テレビ!』が解散総選挙をテーマにした放映で、出演の決まっていた荻上チキ、小島慶子ら評論家、文化人を「公平性を担保できない」としてドタキャンしていたことが発覚したのである。

 荻上がラジオ『Session-22』(TBSラジオ他)で説明したところによると、テレビ朝日から連絡があったのは放映前日の27日。「当初は質問する文化人がいて、各党の代表が答えるスタンスだった。それだと公平性を担保できない、番組側と局との間で方針が違ったとの事で政治家のみの出演になったと連絡を受けた」という。