NEW

終末思想、陰謀論、スピの浸透…2014年はオカルト復権の年だったのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

okaruto_141228.jpg
左『ホット・ゾーン──「エボラ出血熱」制圧に命を懸けた人々』(リチャード・プレストン/高見浩訳/飛鳥新社) 中『すべては「必要、必然、最善」』(舩井幸雄/ビジネス社) 右 タイタン公式HPより


 2014年もいよいよあと少し。今年のオカルト・トピックスを振り返り、どのような傾向だったのかを探っていこうと思う。

 昨13年は、元CIA職員エドワード・スノーデンで盛り上がった年だった。ケム・トレイル(化学物質の空中散布)や、地底人の存在の暴露など、彼がどこまで本気で証言しているかは分からないが、陰謀論のニュースターとなった感もあったスノーデン。そんな勢いも次第に落ち着き、今年は自然現象や自然災害にまつわる恐怖がオカルトニュースとなったパターンが多いように見受けられる。


●世界の終わり? メキシコ上空で発見された「光の渦」の正体は?

 まずは世界のオカルトニュースから。3月にメキシコのオアハカ上空で発生したとされる「光の渦」。その禍々しいビジュアルから、「世界の終わりだ」「HAARP(オーロラ調査プログラムだが、陰謀論では自然操作兵器と目されている)による実験だ」と噂されていった。実は南米はUFO目撃の多発地帯ということもあり、宇宙人の襲来説という説が喧伝されていた。