NEW

なかなか禁煙できない人に朗報! オメガ3脂肪酸でタバコ依存を断つ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

tabako.jpg

サプリなしで禁煙できるのが一番だが......

 タバコの健康被害は常識となっており、喫煙者の肩身がますます狭くなる昨今。日本たばこ産業(JT)の発表によると、2014年時点で日本の喫煙率は19,7%。1965年の調査開始以来、初めて20%を下回った。

 「意地でもやめない!」という人はさて置き、「本数を減らせない」「やめられない」と禁煙トライ派に朗報だ。

 2014年11月、医学誌に発表されたイスラエル・ハイファ大学の研究によると、オメガ3脂肪酸を含む魚油のサプリメントを摂取すると、我慢しなくても自然にタバコの本数が減り禁煙も成功しやすいのだという。

我慢しなくても1日2本の減煙達成

 研究には18~45歳の喫煙者48人が参加。喫煙歴は平均11年、喫煙量は1日平均14本で、全員が中等度のニコチン依存症と診断されていた人たちだ。この48人を2グループに分け、片方のグループには950mgのオメガ3脂肪酸を含むカプセルを1日5回30日間服用してもらい、別のグループには偽薬を同様に30日間飲んでもらった。その間、特に喫煙を控えるようには求めなかった。

 その結果、オメガ3脂肪酸を服用したグループは特に我慢していなかったにも関わらず、喫煙量が平均で1日当たり2本減っていたという。

 さらに、試験開始前・試験終了後・(カプセル服用をやめて)30日後の3回にわたり、タバコを2時間控えた後に喫煙の映像を見せて「ニコチン渇望」度を調べた。すると、オメガ3脂肪酸を服用していたグループは、試験開始前に比べて終了後のニコチン渇望の強さが有意に低下。つまり、喫煙欲求が明らかに弱くなっていたのだ。