NEW

不安に弱いといわれている日本人、それは不安遺伝子によるもの?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

fuan.jpg
不安やうつは遺伝子のせいだけなのか?

 うつ病や不安障害の患者数は年々増加しており、日本では160万人以上という報告(平成23年 厚生労働省調べ)がある。うつ病の発症要因にはさまざまあるが、脳内のセロトニンという神経伝達物質が関係するともいわれている。
 
 このセロトニンの働きに関与するのが、セロトニントランスポータというタンパク質である。このセロトニントランスポータは、神経終末で放出されるセロトニンの再取り込みを行い再利用する働きを持っている。

 最近の遺伝子研究によると、このセロトニントランスポータの遺伝子転写をコントロールするDNAのプロモータ領域には、S型とL型の2タイプがあり、短い方をS型、長い方をL型と呼んでいる。私たちは父親、母親からこの両方の型を一つずつ受け取っており、SS型、LS型、LL型のいずれかの組み合わせとなっている。

 セロトニントランスポータ遺伝子とヒトの性格に関するある調査では、「S型の遺伝子を持つ人は、神経質な人が多い」というものがあり、また、「S型を持っている人が、失職や離婚など人生の上で大きなショックがあるとうつ病になる確率が上がる」という調査もある。いまではこのセロトニントランスポータ遺伝子のS型は、世界中で「不安遺伝子」と呼ばれ、遺伝子と性格や精神疾患の関連の研究が進められている。

人種と不安遺伝子の関連

 人種と不安遺伝子の関連を調べた調査では、LS型、SS型を含めたS型を持っているのはアメリカ人では約68%なのに対して、日本人では約96%もいる。