NEW

Drop's・中野ミホが語る、青春との決別とこれから「ルーツを踏まえて、今の時代の音を鳴らしたい」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
141203_drops_1.jpg

【リアルサウンドより】

 札幌発・女子5人組ロックンロールバンドのDrop'sが、12月3日に2nd EP『さらば青春』をリリースした。前作の2ndアルバム『HELLO』からわずか5ヶ月でリリースとなった今作は、60年~70年代の歌謡ロックを彷彿とさせるロカバラード調の「さらば青春」をはじめ、4曲を収録。前回に続き、今回も中野ミホ(Vo&Gu)にインタビューを行い、バンドの今昔が込められた表題曲について訊くとともに、ブルースロック色の強いカップリング曲で見えるメンバーの音へのこだわり、さらには2014年にリリースした『コール・ミー』『HELLO』やライブから見出した今のスタンスを訊いた。

続きはこちら

Drop's・中野ミホが語る、青春との決別とこれから「ルーツを踏まえて、今の時代の音を鳴らしたい」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、リアルサウンドの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!