NEW

『FNS歌謡祭』で露呈したジャニーズ派閥抗争の深刻度 奇跡の共演のはずが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

johnnys_01_140817.jpg
派閥を超えたドリームコラボはやっぱり……


 毎年高視聴率をたたき出してきた年末の恒例番組『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)だが、昨日(12月3日)放送された『2014FNS歌謡祭』は、過去最低の15.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録し、物議を醸している。

 今回、目玉企画とされていたのが、SMAP、嵐、TOKIO、関ジャニ∞といったジャニーズ事務所所属のグループ14組による約25分にも及ぶ“ジャニーズメドレー”だ。ジャニーズの大御所・近藤真彦のデビュー35周年を記念し後輩たちが登場し、マッチとのコラボを披露するということで、ジャニヲタたちは大盛り上がりだった。

 ジャニヲタたちがここまで喜んだのは、単に多くのジャニーズを堪能できるからではない。今回のメドレーが、最近ほとんど見られなかったジャニーズの派閥を超えた共演だったからだ。