NEW

低視聴率も宮藤官九郎が裸の王様状態!「クドカン」の愛称も使用禁止?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

kudokan_141207.jpg
大人計画 公式サイトより


 毎週月曜日になると、毎度のようにニュースとして伝えられる『ごめんね青春!』(TBS系)の低視聴率問題。脚本家・宮藤官九郎がNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の国民的ヒット以来、はじめてシナリオを手がけたことで大きな注目を集めていたが、フタを開けてみたら初回から10.1%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)と惨敗で、その後も8〜6%台を推移。第7話では5.7%という最低視聴率を記録してしまった。『あまちゃん』が最高視聴率27.0%を誇ったことを考えると、枠の問題を差し引いても寂しい限りだ。

 だが、スポーツ紙やネットのニュースサイトでは、低視聴率ながら『ごめんね青春!』を支持する論調が続出。「クドカンドラマ低視聴率発進 TBS21時枠との相性悪いか」「『ごめんね青春!』視聴率苦戦も称賛の声出る理由」「『ごめんね青春!』独特の“クドカンワールド”に共感「視聴率気にするな」」といった具合で、クドカン擁護の記事が目立つ。