NEW

一般家庭のリビングでライブも……現役パンクロッカーが米国ツアー最新事情を報告

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Van-baggedgeth_.jpg

日本の機材車と違いかなり大きい。それでもツアーメンバー総勢9人の荷物と楽器、アンプ、ドラムセット、マーチャンダイスを積むといっぱいになる。

【リアルサウンドより】

 筆者がボーカリストを務めるバンド・FORWARDが『BURNING SPIRITS NOTH AMERICAN TOUR2014』と題したツアーを、2014年10月29日から11月24日にかけて行った。アメリカ・オレゴン州ポートランドから西海岸を下り、サンフランシスコ、ロスアンゼルスからテキサス、ニューオリンズからワシントンD.C。そこからニューヨークまでの東海岸、ボストン、カナダのモントリオール、トロントなどを約3週間かけて回り、19カ所20回のライブをしてきた。

 日本にもアメリカにもPUNKシーンというものがある。色々なバンドがいて音楽性も多種多様だ。メジャーからリリースをしていて超が付く程有名なバンドもいれば、地元でしかライブをやった事のない無名ローカルバンドまで様々だ。筆者が経験して来たツアーは、日本でもアメリカでも、いわゆるアンダーグラウンドに属するPUNKシーンである。

 この連載では、過去3回のアメリカツアーと、友人のバンドに一度同行した際のアメリカツアー、そして今回と、合計5回のアメリカツアー経験の中から、アメリカのPUNKシーンなどについて、計4回にわたって書いていきたいと思う。

 リアルなアメリカPUNKシーンを少しでも感じてくれれば幸いだ。

続きはこちら