NEW

「指先にチクリ」だけ! 意外に知られていない簡易糖尿病検査を体験してみた

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

 厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、糖尿病が強く疑われる人やその可能性を否定できない人は全国で合計2200万人以上いると推定され、糖尿病は既に日本人の国民病といっても過言ではない状況だ。

 ところが、実際に治療を受けているのはこのうちのごくわずかといわれている。血中のブドウ糖濃度(血糖値)が高いという糖尿病は、すぐに何らかの自覚症状があるわけではないため、患者自身に危機感がないことが理由に挙げられる。ただ、この状態を放置すると、最悪失明にもなりかねない糖尿病性網膜症、腎不全により人工透析が必要になる糖尿病性腎症など、治癒が不可能な重大な合併症に至る。気づいたときは手遅れというわけだ。

 これを防ぐには早期発見・早期治療が唯一の方法で、定期的な健康診断を受けている人以外は医療機関で検査を受けるしかない。多くの人にとって億劫なことだが、朗報がある。厚生労働省による規制緩和で、2014年4月から医療機関が発行する処方箋を取り扱う保険薬局の一部でも、糖尿病の簡易検査が受けられるようになったのだ。このことは意外に知られていない。

 この検査は自己採血検査と呼ばれるもので、保険薬局の店頭で自ら指先に針を刺し、その血液を使用してHbA1c(ヘモグロビン・エーワン・シー)と呼ばれる値を測定する。HbA1cは、血中で余分なブドウ糖が赤血球のヘモグロビンと結合してできるグリコヘモグロビンのことで、この値が高ければ血糖値が高いことを意味する指標。HbA1cの測定では過去1~2カ月間の血糖状態が分かり、血中のHbA1cの割合が5.9%以内ならば正常、6.0%を超えれば血糖値の正常化が必要になり、7.0%を超えれば合併症の発症の危険性が高まる。

待ち時間は5~6分、検査費用は1000円程度

 検査の実態を知るため、記者が実際に検査を行っている東京都台東区蔵前の「みどり薬局」で体験してみた。