NEW

活動18年で初の全国流通盤リリース 異色のベテランバンド・おかんの正体を大阪芸人が語る

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th_20141211-okaan2.jpg

【リアルサウンドより】

 大阪を拠点として活動するロックバンド・おかんが、12月10日に初の全国流通盤『loved one』をリリースする。

 同バンドは、結成から18年の月日を迎えながら、未だにCDのリリースは廃盤となった初期の自主制作盤のみ。にもかかわらず、2013年4月8日には、大阪城ホールで単独公演をし、7000人を集客。さらに中国大陸、台湾、マカオ、香港の大中華圏4地域をまたぐアジアツアーを実施したという。さらにこのバンドの特徴は、ライブハウスで演奏することがほとんどないこと。普段は学校、公共施設、ショッピングセンターなどでライブを行い、多くの苦難を乗り越えた彼らならではのメッセージソングをダイレクトに伝えているそうだ。サウンド面では、歪んだギターと重厚感のあるベース、タイトなドラムがしっかりと歌を支え、要所で演奏されるボーカル・DAIの三線が楽曲にポップさをもたらしている。

 とはいったものの、全国的なバンドの知名度と集客人数がここまで比例しないアーティストもなかなかおらず、数字を見るたびに謎は深まるばかり。そこで今回は、芸人・山崎方正と“TEAM-0”というコンビで過去に相方をつとめ、現在は同バンドの活動を支援しているという芸人・てんつくマンこと軌保博光氏に取材。彼を通じてバンドの周辺に起こっていることを訊いた。

続きはこちら