NEW

片付けられない、仕事ができない......。「ダメな自分」は、大人のADHDが原因かも?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

shutterstock_207397129.jpg
ADHDは脳の発達障害の一種 shutterstock.com


 部屋が片付けられない、約束を忘れる、仕事に集中できない、しなければいけないことがあるのについ別の事を始めてしまう......。もしかするとあなたも、こんな自分の性格に悩み、自己嫌悪してはいないだろうか?

 実は近年、こうした行動の傾向は単に性格的なものばかりではなく、脳の発達障害の一種、ADHD(注意欠陥・多動性障害)と関連づけられてきている。

 授業中にうろうろと歩き回る多動児の出現で、広く知られるところになったADHD。これまでは子ども特有の病気であり、大人になると自然に治ると思われてきた。ところがここ数年の研究や調査により、多くの大人もADHDに苦しんでいることが判明した。第一に、子どもの頃にADHDの診断を受けた人は、大人になっても50〜80%の人に、この特徴が残る。それに加えて、子どもの頃には気づかなかったものの、大人になってから対人や職場においてさまざまな困難が深刻化し、ADHDと診断されるケースも増えているという。

 ADHDの症状には、多動性(じっとしていられない)、衝動性(その場の感情で行動してしまう)、注意の持続が困難(ひとつのことに集中できない)の3種類があり、人により1つが突出していたり、3つが混じりあって現れたりする場合もある。大人のADHDの有病率は諸説あるが、海外では人口の2〜4%。日本では少なく見積もって1.65%と言われ、世界的平均からみても潜在的な患者数は300万人くらいいると推計されている。