NEW

江戸時代では男の介護は家長の役割。 武士も介護休業をとっていた!

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

otokonokaigo3.jpg

公務員だった武士も介護休業を取得

 介護を担うのは女性と、長い間、当然のように思われてきた。だから男性が介護をする場合、わざわざ「男の介護」と表現することが多い。介護をする人の3分の1が男性になっても、これはかわっていない。

 しかし、これまで介護をする男性がいなかったわけではなかった。介護体験記の多くは、圧倒的に男性の手によって記されている。配偶者や親の介護を担った有名識者が、「デキる男」のお手本としてもてはやされたこともあった。が、それは何も最近はじまった話ではないらしい。

 故郷の祖母の介護のために休業届けを出した孫がいた。前例があるからと認められ、孫は帰郷したという。これは、なんと江戸時代、京都の亀山藩(現・京都府亀岡市)の話だ。『京都府立総合資料だより』(2005年10月1日発行)に同館・山田洋一さんが「武士の介護休業制度」として紹介している。文政3(1820)年、京火消詰責任者代役として赴任していた及川源兵衛広之の勤番日記に記されていたという。

 京火消詰とは幕府命による京都の消防のお役目だ。祖母が病気で倒れたが、命あるうちに、しばらくでも看病したく何卒お許しを、という願いが出た。さらに前例を探ると、数年前に江戸詰めの藩士が大病を患った祖母の看病のために帰郷を許されたこともわかった。200年も前のことだ。

●各藩であった介護休暇

 

 武士が介護する。男性介護者の先駆けだが、亀山藩だけでなく江戸時代では珍しいことではなかったようだ。