NEW

究極の穴馬情報サイト?今年だけで万馬券300本超 万馬券が当たらない人は何が悪い?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一攫千金を狙うなら万馬券

●馬券の醍醐味である万馬券


大穴」「万馬券」……競馬ファンにとってこれほど魅惑的な言葉はないかもしれない。もちろん競馬用語であるが、一般的にも予想外の結果に対して「大穴が飛び出した」などと使われることがあり、多くの人が耳にしたり口にした経験があるのではないだろうか。

 人気の無い馬が好走して上位に入賞することで発生する万馬券は、自分が賭けた金額の100倍以上になって払い戻される高額馬券のこと指す。また10万馬券、100万馬券、1000万馬券とは、それぞれ100円の掛け金が10万円、100万円、1000万円となって払い戻される馬券だ。

 過去、JRA中央競馬で飛び出した最高配当は、指定された5レースの1着馬を的中させるWIN5で2億3253万1180円、1レースの1着~3着を的中させる3連単で2983万2950円、2着以内に入る2頭を的中させる馬連で50万2950円となっている。ちなみに3連単2983万馬券の的中票数はわずか2票(200円分)、加えて1000万円馬券は年に何度も発生するような馬券ではないで、これは宝くじ級の難易度といえる。

 逆に100円が1万円や3万円になるような低額の万馬券は毎週数多く飛び出しており、G1レースともなれば多くの人が的中していることも珍しくない。しかし、それでも全体の購入者に対し的中者が少ないからこそ万馬券になるのであって、容易に的中させられる馬券ではないこともわかるだろう。

 そんな万馬券を専門的に狙う競馬予想サイトがある。それが「暴露王」だ。同サイトは2013年の1年間に334本の万馬券を的中させ、今年も12月11日現在で309本の万馬券を的中させている。