NEW

がんに新しい治療方法 国内最大規模のIVRセンターがオープン

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

「IVR」----このアルファベット3字の略語に医学界の注目が集まっている。正確な英単語は「InterVentional Radiology
:インターベンショナル・ラジオロジー」。日本では「放射線診断技術の治験的応用」と訳されたり、[血管内治療]や[血管内手術]「画像下治療」とも呼ばれるようだが、素人には理解不能だろう。

だが、IVRは現在、心臓病やがんといった難病に対して極めて有効であることが明らかになりつつある。遠くない将来、我々が当たり前のように「IVR」と発音していても全くおかしくないのだ。

 12月10日、国立がん研究センター(東京都中央区)は記者会見を開き、IVRセンターの開設を発表した。堀田知光理事長は「この新しい技術が普及していくようにしたい」と抱負を語り、IVRセンター長に就任した荒井保明放射線科長は「ガンに特化した施設としては日本最大規模で、類似の施設は少ないはず」と説明を行った。

 このIVRは、80年代にアメリカなどで開発された治療法だ。これは①CT(コンピューター断層撮影)スキャンや、MRI(磁気共鳴画像装置)で体の中を透かして見るようにして、②医師がリアルタイムでチェックしながら針などの医療機具を皮膚から刺したり、血管に通したりすることで、③患部の治療を行う----というもの。

 何より重要なのがメスなどで体を開かないことだ。そのため全身麻酔ではなく局所麻酔で済むことが増える。患者のダメージが減少し、手術痕も小さくなり、何より手術のリスクを大幅に少なくすることができるという「夢の新技術」なのだ。