NEW

増え続ける日本の食品添加物、その理由は国際社会からの圧力だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

 毎日、大量の添加物が食品加工に使われ、商品となってスーパーやコンビニに並び、それをためらいもなく口にしている私たち。日本における食、特に添加物に対する現状は深刻化している。

 それを端的に表しているのが、使用が許可されている添加物の「数」の変化だ。

●添加物の数は、こんなにも増えている!

 添加物は厚労省が認可(指定)したものだけが使用を許されている。化学的合成品は「指定添加物」、天然系は「既存添加物」と呼ばれ、そのほか「天然香料」、食品を添加物として使う「一般飲食物添加物」の4つのグループに分けられている。

 このうち化学的合成添加物(指定添加物)は、2001年には338品目だったが、2005年には357品目、2013年に436品目、2014年12月時点では445品目と、まさにうなぎ上り。この13年間で100種類以上も増えているのだ。

 化学的合成添加物が(指定添加物)が440品目余りというと、それだけでずいぶん多いと感じられるかもしれないが、その実数は「4500種類以上」といわれるとさらに驚くだろう。

 というのも、厚労省の認可している化学的合成品445品目というのは、「項目」としてまとめられたものにすぎないからだ。たとえば、「エーテル類」という項目があるが、その具体的品目を見てみると、その中に250種類ほどある。同じく「ケトン類」の具体的品目も詳しく見てみると、やはり250種類ほどある。

 これをたとえていうなら、デザインや色の異なるスカートを何着も1つの箱に詰め、「スカート類」と箱に書いているようなもの。こういったものすべてを数え合わせていくと、ざっと「4500種類以上」という数字になるのである。

●なぜ添加物は増えていく?

 では、なぜ添加物は増える一方なのか? それはズバリ、海外からの要請のためだ。