NEW

損すると分かっているのに……人が「割に合わない」宝くじを買ってしまう「仕掛け」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『お金はサルを進化させたか』(野口真人/著、日経BP社/刊)

 日本で最も親しまれている「ギャンブル」とは何だろう。おそらく、その一つにあがるのが「宝くじ」ではないだろうか。

 日本には「ジャンボ宝くじ」と呼ばれる、当選額が高額な宝くじが5つある。「グリーンジャンボ」「ドリームジャンボ」「サマージャンボ」「オータムジャンボ」「年末ジャンボ」だ。この時期だと「年末ジャンボ宝くじ」が話題に上る。

 この宝くじ、実は私たちにとって“割に合わない”ギャンブルだ。

 『お金はサルを進化させたか』(野口真人/著、日経BP社/刊)によれば、宝くじの払い戻し率は法律によって50%を超えてはならないとされており、地方競馬や競艇などといった公益ギャンブルの払い戻し率よりも低い。

 つまり、宝くじは「割に合わない」のだが、どうして毎年たくさんの人が購入するのだろうか? 『お金はサルを進化させたか』はそのナゾに迫っている。

■損すると分かっているのに買ってしまう仕掛け


 野口さんによれば、宝くじには「損すると分かっているのに買ってしまう仕掛け」が入っていると考えられるという。

 まずはインフレ化の一途を歩む1等の賞金。もともとは宝くじ1枚あたりの当選金は額面金額の20万倍が上限だったが、1998年に額面金額の100万倍に改定され、さらに2012年には250万倍にまで引き上げられた。2014年の年末ジャンボ宝くじは1等5億円、前後賞を合わせると7億円にまで膨れ上がっている。

 ただ、だいたい宝くじの1等賞金としてイメージが膨らむのは2億か3億円くらいだろう。この金額、何かを連想させるが、なんだろうか。

 …そうサラリーマンの生涯賃金だ。

 野口さんはこの「3億円」という数字が人々にさまざまな想像を可能にさせると指摘する。これは100万円でも、そして100億円でもいけない。100億円はあまりにも巨額過ぎてイメージができにくくなるのだ。

 宝くじ券の1枚の値段は300円。1等3億円ならば、それが100万倍になって返ってくる。その効用(満足感)を考えてしまうと、1等の当たる確率がいくら低かろうとも気にならなくなってしまうのかもしれない(ちなみに1等の当たり確率は1000万分の1であると野口さんは述べている)。