NEW

戦争は棄てましてん!憲法を大阪のおばちゃん語に訳してみたら...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

kenpoyaku_141219.jpg
『日本国憲法 大阪おばちゃん語訳』(文藝春秋)

「憲法改正は自民党の悲願であり、立党以来の目標だ」「憲法改正の必要性を訴えていく」

 自民党圧勝の総選挙を終え、会見でさっそく憲法改正へ強い意欲を見せた安倍晋三首相。祖父・岸信介の悲願を達成させるという極個人的な夢に、国民が本格的に付き合わされることになるらしい。焦点となるのは、もちろん憲法9条だ。

 だが、この安倍首相の宣言を前に、「9条、9条というけれど、よくわからない」という人も多いはず。そんな人にオススメしたい一冊が、先日発売された『日本国憲法 大阪おばちゃん語訳』(文藝春秋)だ。著者は「全日本おばちゃん党代表代行」の谷口真由美氏。タイトルの通り、大阪のおばちゃんの口調で憲法を口語訳・解説している“珍書”である。