NEW

たかじんさん妻さくらさんは“悪女”か?なぜ嫌われる?遺産隠蔽疑惑、長女非難、訴訟…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 今年1月に亡くなった歌手でタレントのやしきたかじんさんの遺族が、泥沼の抗争に突入しつつある。

 口火を切ったのは、たかじんさんの娘Aさん(仮名)。Aさんは11月、たかじんさんの“最後の741日” を32歳年下の妻さくらさんとの純愛を軸に描いたノンフィクション『殉愛』(百田尚樹/幻冬舎)について、Aさんの名誉棄損などに当たるとして出版差し止めを求める訴訟を東京地裁に起こした。例えば訴状によれば、本書の中で登場するAさんがやしきさんへ送ったとされるメールの内容を虚偽だと指摘。さくらさんの言い分と真っ向から食い違っている。

 さらに12月11日発売の「週刊新潮」(新潮社/12月18号)によれば、たかじんさんの巨額な遺産をめぐってもトラブルに発展しそうだという。すでに報道等で明らかになっているように、たかじんさんの遺産は8~9億円に上り、その内の約6億円は大阪市などへ寄付、それ以外を全額さくらさんへ相続させ、Aさんには相続させないと遺書に明記されている。ただ、「新潮」によれば、民法上Aさんは遺留分減殺請求を出せば遺産総額の4分の1を受け取れるのだが、遺産執行者だったB弁護士(仮名/すでに解任)がそれを考慮せずに遺書を作成してしまったため、Aさんは減殺請求権をめぐる訴訟を起こすことを今後判断する事態になっているという。

 また、「新潮」によれば、遺産総額にはたかじんさんの自宅にあった『さくらさん用』金庫の1億8000万円は含まれていないという。さらに、B弁護士の解任審判(大阪地裁)でB弁護士が、さくらさんから「自宅金庫の中の現金は、私のものだったことにして欲しい」との相談を受けた、と証言したという。ちなみに証言内容は陳述書に記載されているが、さくらさんはB弁護士の発言を嘘だと主張している。

 その後も、「新潮」でさくらさんが「主人のお嬢さんは、(略)2年間、一度も見舞いに来なかったのはなぜなのか。(略)病院を割り出す方法はいくらでもあったはずです」と語っていることに対しても、Aさんは12月16日付「女性自身(ウェブ版)」(光文社)記事内で次のように真っ向から反論している。

「父の携帯に連絡しても返事がなく、マネージャーのKさんに連絡しても『今は誰にも会いたくないと言っています』と言われていました」
「もし彼女(=さくらさん)が本当に父を愛していたならば、たとえ父が何と言おうと、最期は家族と会わせようとするのではないでしょうか。そして父が亡くなった後、その家族を貶めるような本などは決して書かせないと思います」

 こうしたトラブル以外にも、さくらさんをめぐっては臆測も含めさまざまな疑惑が持ち上がったり、さくらさんがたかじんさんの個人事務所へ訴訟起こしたりと慌ただしい状況が続いているが、週刊誌記者は「たかじんさんの知人の間でも、なぜかさくらさんへの評判が真っ二つに分かれているのです」と首をかしげる。