NEW

香港デモで中国政府と結託疑惑の黒社会とは?殺人、商売、政財界工作…中国社会を動かす

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香港(「Thinkstock」より)
 香港で2017年に実施される次期行政長官の選挙制度が民主的でないとして始まったデモ。民主派デモ隊の最大拠点である香港島・金鐘(アドミラルティ)の幹線道路の一部で今月、香港警察がバリケードなどの強制撤去を行い、デモは収束に向かった。

 今回のデモは、次期香港行政長官選挙への立候補について、以下の新しい制限が設けられたことに端を発した。

「候補者は1200人の指名委員会で過半数の支持を得た者から2~3名に絞る」
「指名委員会は政界、工商・金融界、専門業界、労働・宗教界の4大分野から選出する」

 つまり、反中国政府的な人物は事実上立候補できない。立候補者は事実上政府が選ぶということだ。この発表を受け、民主的な選挙に変更するよう訴える若者や市民が蜂起し、民主化デモが政治・経済の中心であるアドミラルティや商業地区の銅鑼湾(コーズウェイベイ)、九龍半島中部の繁華街・旺角(モンコック)を埋め尽くした。

 そんなデモ隊が、マスクをした男たちの集団に襲撃される事件が起こった。香港の中心部では白昼、デモ参加者にマスク姿の男たち数十人が襲いかかり、大勢の報道陣の目前で乱闘を繰り広げたが、男たちは香港で暗躍するチャイニーズ・マフィアだとみられ、「中国政府が黒社会と協働している」との非難の声が香港で高まっている。

 白いマスクの集団が最初に姿を見せたのは、労働者階級が住む九龍地区の繁華街、モンコックの民主派の拠点だった。10月初めに起きたデモ反対派とデモ参加者との衝突で香港警察は19人を逮捕。うち8人は暴力団関係者だったと発表した。香港紙は親中国派団体が資金提供したとの見方を伝えている。モンコックで学生らに暴行を働いたのは同じ型の白いマスクをしたグループや、同じ青色の帽子をかぶったグループなど数十人単位の男ら。入れ替わり立ち替わり現れ、座り込んでいた学生に殴りかかるシーンが何度も映像で流れた。

 そのため、「警察と香港自治区行政府は、黒社会と結託しているのではないのか」とする疑惑が強まった。香港政府の黎棟国保安局長は記者会見で「警察が黒社会を容認したり、協力したりしているというのは、事実の捏造だ」と反論している。

●中国社会に根付く黒社会


 中国の「黒社会」は日本の「裏社会」と同じ意味で使われる。米国ではチャイニーズ・マフィアと呼ばれ、その背景や実態は日本の暴力団とは比較にならないほどの大きな広がりと深さをもっている。黒社会は犯罪組織のネットワークを指し、中国の伝統的な秘密結社をその源流にしている。