NEW

NHK人気お天気お姉さん、異常ダブル不倫&三角関係泥沼化で警察沙汰か 衝撃言動も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK放送センター本部(「Wikipedia」より/Rs1421)
 NHKの看板ニュース番組『ニュース7』でお天気キャスターを務め、国立音楽大学音楽学部出身という清楚なキャラクターで人気を集める天気予報士・岡村真美子。ピアニストとしても活躍するそんな岡村の不倫について、12月25日発売の「週刊文春」(文藝春秋/2015年1月1日・8日新年特大号)が報じている。「文春」によれば、お相手は情報番組『ひるおび!』(TBS系)に出演する天気予報士・佐藤大介と気象庁関係者・A氏(仮名)で、2人は共に妻子を持ち、三角関係のもつれから警察沙汰まで起こしていたという。さらに「文春」は岡村と佐藤の異常ともいえる言動や癖を詳細に紹介している。

「岡村は普段からあのキャラのままだといい、局内での評判も良いですよ」というNHK関係者が明かす。

「岡村はNHK職員ではありませんが、普段から職員と仕事を通じて密に接する中で、頻繁にわいせつ事件や不倫問題を起こすNHKの体質にどっぷりと浸かってしまったことも、岡村を泥沼不倫へ走らせた要因かもしれません。NHKはここ数年、大きく報じられた事件だけでも、アナウンサーの路上わいせつ事件や、職員による女性のスカート内盗撮事件、電車内痴漢事件、強制わいせつ事件など、数え切れないほど事件を頻繁に起こしています。そのほかにも昨年、大河ドラマを手掛けたこともある元ドラマ部長が不倫のもつれから訴訟を起こしていたことが発覚し、世間を騒がせました」

 こうした不倫は、NHK局内では広く行われているのであろうか。別のNHK関係者が語る。

「もう10年以上前ですが、アナウンサーの不倫が連続して発覚し、彼らはほぼ例外なく地方や海外の支局に飛ばされました。その後地方を転々とさせられていた人たちが、最近やっと本社に戻ってきているようです。アナウンサー以外でも職員同士の不倫は以前ではよくみられましたが、すぐに職場内でバレていました。なぜなら、今でもNHKの女子アナが東京・渋谷で飲んでいる写真がよく週刊誌「フライデー」(講談社)などに掲載されますが、本社がある渋谷の街中にはNHK職員が多く、明らかに不自然な不倫デート中の職員は、すぐに目撃されてバレてしまうのです。ですので、今では会社の目も厳しくなったこともあり、あまり聞かなくなりました」

●モラル低下の背景


 それにしても、こうしたNHK職員のモラル低下を象徴するかのような事件は、なぜ頻繁に起こるのだろうか。民放テレビ局関係者は語る。

「とにかくNHK職員は浮世離れしているという印象を受けます。一旦入社してしまえばクビにされないため、社内競争は激しいが、外との競争という意識が薄い上、平均年収は手当も含めると1700万円以上といわれています。さらに退職後も関連会社に再雇用され、希望すれば70歳になっても働くことができます。まさに“特殊な組織”なのです」