NEW

本当に役に立つの? 売れ行き好調の「病院ランキング本」を徹底比較!

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

gansenta.jpg

国立がんセンターのウエブサイト「がん情報サービス」

 病院ランキング本が花盛りだ。ざっと見ただけでも、『手術数でわかる いい病院』(朝日新聞出版)、『病院の実力』(読売新聞東京本社)、『病院最前線』(毎日新聞社)、『日経実力病院調査』(日本経済新聞出版社)が毎年発行されている。

 売れ行きも好調のようだが、真剣に病院探しをする患者にとって本当に役に立つのだろうか? いずれも新聞社か新聞社系列の出版社が調査・刊行し、信憑性がありそうだが......。

●病院ランキング本を徹底比較!

 病院ランキング本には取材記事や解説記事も多く、各誌とも読み応えがある。しかし、ここでは記事には触れず、ランキングのみを比べてみたい。

 週刊朝日ムック『手術数でわかる いい病院2014』はタイトル通り、疾患ごとに手術数の多い順に病院が並べられている。つまり「手術数が多い病院」=「いい病院」というわけだ。確かにこれは一つの目安になる。手術数が多いのは経験が豊富なことであるからだ。
 だが、ベッド数が多ければ医師の数も多い、医師数が多ければ手術数も多い、と推測できる。