NEW

不倫騒動のNHKお天気お姉さん、「女性スタッフの悪口を言う」など悪評続出

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「岡村真美子 公式サイト」より
 NHKの看板ニュース番組『ニュース7』でお天気キャスターを務め、国立音楽大学音楽学部出身という清楚なキャラクターで人気を集める気象予報士・岡村真美子。ピアニストとしても活躍するそんな岡村の不倫について、12月25日発売の「週刊文春」(文藝春秋/2015年1月1日・8日新年特大号)が報じている。「文春」によれば、お相手は情報番組『ひるおび!』(TBS系)に出演する気象予報士・佐藤大介と気象庁関係者・A氏(仮名)で、2人は共に妻子を持ち、三角関係のもつれから警察沙汰まで起こしていたという。さらに「文春」は岡村と佐藤の異常ともいえる言動や癖を詳細に紹介している。

 岡村と佐藤が所属するウェザーマップは25日、NHKとTBSに2人の出演辞退を申し出、どちらも了承されたことを明らかにしている。また『ニュース7』の公式サイトを見ると、出演者紹介のページから岡村が抹消されている。

「文春」の報道を受けて、NHK内部はどのような状況なのだろうか? NHK職員は次のように明かす。

「ニュースセンターは昨日、この話題で持ちきりでした。誰かが回覧板に『文春』記事のコピーを挟んでいたので、朝から盛り上がっていました」

 岡村と一緒に仕事をしたことがあるという男性スタッフは、「愛想がいいので、比較的評判はいい」と語るなど評価する声がある一方で、女性スタッフからは「男に媚びている感じで好きではない」「トイレで他の女性スタッフの悪口を言っていた。かなり口が悪い」と批判的な声もあり、女性受けは悪いようだ。

 また、別のNHK関係者は、不倫の話題は内部で以前にも持ち上がったことがあると語る。

「夏ごろ、しばらく休んでいた時期があった。体調不良と公表されていたが、実はその時も一部では不倫が噂されていたので、今になって思うと、ほとぼりが冷めるまで休んでいたのかもしれない」

 岡村は、外部の会社から派遣されてNHKで働いていた。NHKでは、職員の不倫が発覚すると地方局や海外に異動させて、ほとぼりが冷めるのを待つということが今までにも度々あった。しかし、外部の人物に対しては、異動というわけにはいかない。2010年には、『サンデースポーツ』のキャスターを務めていた元プロ野球選手の与田剛氏の不倫が発覚した際に、番組を降板させなかったことで視聴者から抗議の電話が殺到した経緯がある。

 今年1月に籾井勝人氏が会長に就任して以降、世間から厳しい目が向けられているNHK。人気があるとはいえ、不倫問題に揺れる岡村に対して毅然とした対応を取ることができるのか、その動向に注目が集まっていたが、ウェザーマップ側から出演辞退の申し出があったことで、ほっと胸を撫で下ろしているかもしれない。
(文=編集部)