NEW

羽生結弦に“親密交際”の噂 お相手はショーで共演の年上歌手か 複数メディアが取材進行

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 2月のソチ五輪・フィギュアスケート男子シングルで日本人初の金メダルに輝き、今年最も日本国民の注目を集めた人物の1人といえる羽生結弦選手。実力やその端麗な容姿に加え、11月のグランプリシリーズ第3戦(中国杯)でみせた流血事故後の迫真の演技など、そのドラマチックな個性が多くの日本人を魅了している。そんな羽生の“親密交際”の噂が今、芸能記者の間で盛り上がっており、「複数のメディアが取材を進行中」(週刊誌記者)だという。

 お相手は、28歳のシンガー・ソングライターAさん(仮名)。2012年9月に開催されたアイスショー「Fantasy on Ice 2012 in FUKUI」(福井県)でコラボレーションというかたちで初共演し、交流を深めたという。以来プライベートでも親交を深め連絡を取り合う仲になり、6月には羽生選手の故郷・仙台のリンクで、Aさんが歌う『花は咲く』に合わせて演技をし、その模様はNHKで放送された。音楽業界関係者が語る。

「この曲は、東日本大震災の被災地復興支援を目的としてNHKが制作した曲で、映画監督の岩井俊二さんが作詞、音楽家の菅野よう子さんが作曲を手掛けました。被災地と関わりの深い著名人がリレー形式で歌唱していくというNHKの企画の一環として、宮城県仙台市出身で震災発生時も仙台で練習中だった羽生選手が出演したのです。この回ではAさんが歌唱を担当しましたが、Aさんは東京都出身であり、それまでの回では被災地と深い関係を持つ著名人らが歌ってきたことを考えると、かねてから羽生選手と親交があるとはいえ違和感を感じました」

 また、スポーツ紙記者は語る。

「羽生選手は2012年から練習拠点をカナダに置いており、シーズン中は世界中を飛び回る日々が続くので、実際にAさんと会う機会は少ないようです。しかし、スカイプやメールなどで頻繁に連絡を取り合い、親密な関係を継続しているといわれています。そんなことも、芸能記者の間で噂が流れる原因になっているのかもしれません」

 そんなAさんを心の支えにして、今後も多くの日本国民に感動を与えてほしいものだ。
(文=編集部)