NEW

藤井フミヤの秘密と過去 チェッカーズ時代の映像や名曲がNGの謎 恩人との確執か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CD『EARLY SINGLES』(チェッカーズ/ポニーキャニオン)
 歌手・藤井フミヤが今月13日の『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)に出演。ソロとしての大ヒット曲『TRUE LOVE』『女神(エロス)』に加え、チェッカーズ時代の『NANA』『Jim&Janeの伝説』『夜明けのブレス』も熱唱した。『NANA』『Jim&Janeの伝説』は、チェッカーズの大ファンである綾小路翔とともにツインボーカルで披露。トークでは綾小路が「生まれて初めて人前で歌った歌は『涙のリクエスト』」と話し、藤井もチェッカーズ時代を振り返った。

 デビュー30周年記念での出演ということもあり、過去の同番組における名場面も流れたが、なぜかチェッカーズ時代の映像は放映されなかった。テレビ局関係者が話す。

「実は藤井さんは、チェッカーズの版権を持っていません。そのため、藤井さんが出演する時にチェッカーズ時代の映像は使いづらいのです。それこそ同番組には解散直前に収録されたメドレーなど秘蔵映像がたくさん残っていますから、観たいファンは多いと思うのですが」

 1980年に結成されたチェッカーズは、81年に「ヤマハ・ライト ミュージックコンテスト」のジュニア部門で最優秀賞を受賞した縁もあり、デビュー当初はヤマハ音楽振興会と契約。その後、チェッカーズ初期作品の作曲家兼プロデューサーであり、『タッチ』などの作曲でも有名な芹澤廣明氏のツテをたどり、84年10月に個人事務所が設立された。

 チェッカーズは92年に解散。サイドボーカルの高杢禎彦、鶴久政治、ドラムの徳永善也は事務所に残ったが、藤井など4人は事務所を去った。そのような経緯もあり、4人はチェッカーズ時代の版権を持っていないのである。音楽関係者が話す。

「藤井にとって芹澤氏はいわば恩人ですが、現在ふたりの関係は良好ではありません。作曲を芹澤氏からオリジナルに移行する際に衝突があったし、過去に雑誌で芹澤氏が藤井を批判したこともあった。藤井はチェッカーズ時代の曲を中心に歌った昨年のツアーで、芹澤氏作曲の『ギザギザハートの子守唄』『涙のリクエスト』『ジュリアに傷心』などは歌っていないようで、オリジナル作品に転向した『NANA』以降の曲ばかりでした。ソロになってから初期の曲を歌ったこともあるのですが、最近はテレビでもコンサートでもほとんど歌わないのです」

 しかし、ファンにしてみれば初期のヒット曲も聞いてみたいはずだ。

「藤井と芹澤氏の間にわだかまりがあったことは事実ですが、最近になって芹澤氏は軟化していると聞いています。わざわざ自分から歌ってくれとは言わないが、歌う分には構わないという気持ちになっている。心境に変化が現れたようです」(同)

 チェッカーズの名曲は、藤井が歌ってこそ輝くもの。埋もれさせておくには、あまりにももったいない。12月31日、日本武道館でのカウントダウンライブで、初期の名曲は聞けるのだろうか。
(文=編集部)