NEW

韓国で話題のβカロテン増強の"ニュー白菜"は、本当に抗がん効果があるのか?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

 韓国の伝統料理と言えば、日本でも焼肉店などで提供されるキムチを思い浮かべる人は多いはずだ。そのキムチには様々な材料が使われるが、日本でもなじみ深いのは白菜。今、韓国でその白菜についてあるニュースが話題を呼んでいる。通常の白菜よりも抗がん作用が高いとされる白菜の開発に成功したというのだ。

 この白菜は、韓国の研究者がカブとの交配で新たに開発した品種で、栽培自体は通常の白菜と何ら変わらないという。では抗がん作用とは何か。カギを握るのは、ニンジンに多く含まれる赤橙色色素の1種としてよく知られているβカロテンだ。 

 もともとがんの発症については、体内の酸化作用が大きくかかわっているとされるが、βカロテンはこの酸化作用に対抗する抗酸化作用を有し、従来からがん予防に有効な可能性があると指摘されてきた。冒頭では抗がん作用と書いたが、これはあくまでがん予防効果が主である。そして今回開発された新種の白菜には、通常の白菜の4倍以上のβカロテンが含まれるという。