NEW

第三次世界大戦は本当に起きるか? 11人の専門家が本気で検証!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイト「トカナ」より】

daisanjisekaitaisen.jpg
画像は、『第三次世界大戦は本当に起きるのか』(綜合図書)

 中国の海洋進出と周辺国との軋轢、ウクライナ危機、EUの不安定化、イスラム国の台頭、ホームグロウン・テロリスト(単独で居住国で感化、過激化して反社会的活動を実行する)、北朝鮮の核問題など、世界はリスクにあふれている。戦争を知らない日本人にとって、各国の複雑な背景や、絡み合った思惑を読み解くことは難しい。

 そこで、各エリアの現状やリスクなど直面している問題を注目のジャーナリストや研究者たちはどう見ているのかをまとめたのが『第三次世界大戦は本当に起きるのか?』(綜合図書)だ。タイトルこそ煽っているかのような挑戦的なものではあるが、中野剛志、黒井文太郎、小西克哉、福島香織、常岡浩介、廣瀬陽子、高英起、伊勢崎賢治、渡邉啓貴、高口康太、加藤朗(敬称略)といった、第一線で活躍しているにスペシャリストたちが「第三次世界大戦勃発の可能性や、戦争の火種となりうるリスクとは何か」について見解を述べている。
  
 では実際のところ「第三次世界大戦」は起きるのか? 本書の責任編集者に「日本人として知るべき事実と第三次世界大戦」について寄稿してもらった。