NEW

阪神・淡路大震災から20年も復興費流用が招いた“復興災害”で未だ被害拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

fukkousaigai_150116.jpg
『復興〈災害〉――阪神・淡路大震災と東日本大震災』(塩崎賢明/岩波書店)

 あの阪神・淡路大震災から明日1月17日で20年を迎える。マグニチュード7.3、最大震度7。神戸という大都市を含む場所で起こった未曾有の地震は、多くの家屋を倒壊させ、大規模火災も発生。6434人もの犠牲者を出した。

 それから20年。しかしこれだけの年月が経っても、神戸は本当の意味で復興していないと指摘する声は多い。今月14日に放映された『阪神大震災20年生死を分けたドキュメントが語る! 池上彰の生きるための選択』(TBS系)の中で、番組MCを務めた池上も「“復旧”はしたが“復興”したかというと難しい。課題はまだある」と語っているほどだ。

 一体、どのように復興していないのか。そのひとつのキーワードが「復興災害」ではないか。