NEW
酒井伸和ロングインタビュー前編

ゲーム制作にクラウドファンディングは向いていない? minori酒井「クラウドファンディングに夢を見るな」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
minoriの酒井伸和氏

minoriの酒井伸和氏。左のポスターは2015年2月27日発売の新作『ソレヨリノ前奏詩』。

 最近クラウドファンディングという言葉を目にする。これは「特定多数の人がインターネット等で財源の提供や協力を呼びかける」ことを指した現代用語で、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語だ。要は銀行などから出資を受けずに、インターネットで有志の一般出資者を募るということだ。

 この言葉はよくゲーム業界で目にする。元カプコンのゲームクリエイターだった稲船敬二氏が横スクロールアクションゲーム『Mighty No.9』の開発で、4億円という驚異的な金額をクラウドファンディングで集めた。美少女ゲームにおいては、OVERDRIVEが「『KICK START GENERATION』公演映像化計画」で986万円を集め、Keyが美少女ゲームの名作『CLANNAD』の海外版リリースのためにクラウドファンディングを呼びかけたところ、開始数日で2,000万円以上が集まるという事態が起きた。こうしてみると、クラウドファンディングは非常にゲーム業界と相性がいいように思える。稲船敬二氏も、クラウドファンディングは「日本のゲーム業界の希望」と発言している。

 ゲームはプラットフォームの進化とともに、性能やグラフィックレベルが非常に上がった。ユーザーからすれば、より快適な操作性、より美しいCGでゲームがプレイできるのだから喜ばしいことであるが、開発側は開発費が青天井で上がっていくというジレンマを抱えている。しかしクラウドファンディングで資金を集めることができれば、開発側は資金不足などに悩まない環境を作ることで、クリエイターの開発へのモチベーションを向上させることができる。出資したユーザーは出資した特典を得られるというまさに一石二鳥の素晴らしいシステムと言えるのではないだろうか。

 ならば、クラウドファンディングを積極的に取り入れれば、斜陽産業と言われて久しい美少女ゲーム業界にも希望の光があるのではないだろうか。Keyなどの成功例もある。早速、minori酒井伸和氏に美少女ゲーム業界におけるクラウドファンディングについて考えをうかがった。

――1年半ぶりのインタビューになりますね。その後、会社はいかがですか。

酒井伸和(以下酒):経営者の立場で言わせてもらえば、変わらないというより若干悪化って感じですね。相変わらずこの業界はリスクが大きい割にインカム(編注:収入のこと)が少ないです。美少女ゲームの市場規模の縮小は止まっていませんから当たり前ですけど。

続きを「おたぽる」で読む