NEW

がんの最新治療は、必ずしも最善の治療法ではない

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

new_yoshisen2.jpg
国立がん研究センター東病院のHPより

 人は健康なときは、「自分は絶対病気にならない」「がんになどならない」と思っているものです。ですから、がんになって始めて、あわてて情報を集めようとします。ところが、気を付けなければいけないことは、今の日本で、正しいがんの情報を手に入れるのは、極めて難しい状況にあるということです
 
 皆さんは、どこから医療情報を得ようとしますか? 平成21年の世論調査によると、一般の人が得るがん情報として、最も多いものはテレビやラジオ番組でした。次いで、新聞、友人・知人と続きます。テレビは最も身近な情報源であり、親しみやすいと言えます。
 
 では、テレビは正しいがん情報を流しているか?というと答えは「NO」と言えます。皆さんが多く見るのは、民放テレビだと思いますが、民放テレビでのがん情報はどうでしょうか? 新聞のテレビ欄などを見ていると、民放で取り上げるがんの情報というと、たいていは、「最新のがん治療」や「最先端がん治療」などです。これらの情報は聞こえがよいのですが、気を付けなければいけないのは、"最新のがん治療"は必ずしも"最善の治療"とは限らないことです。

 "最新治療"はまだ研究段階であることが多いのです。研究段階であるということは、本当に良い治療なのかどうかわかっていない、ということなのです。