NEW

大森靖子のラブソングは異端にして普遍ーー「きゅるきゅる」に見る作家性とは?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 激情系シンガーソングライターの新生として口コミでじわじわと名前を広め、2013年12月に自主リリースしたアルバム『絶対少女』は、蜷川実花がジャケット写真を撮影、カーネーションの直枝政広がプロデュースしたことでも話題となった大森靖子。2014年3月にメジャーデビューすることを発表して以降は、ライブで観客にチューしちゃったり、初の写真集のタイトルが「変態少女」だったりと、衝撃的な発言や過激なパフォーマンスが音に先行する形で取り沙汰され、注目を浴びている。

 連載2回目に編集部から与えられたお題アルバムは、彼女が12月3日にリリースしたメジャーデビューアルバム『洗脳』。ここには、アイドルポップな「イミテーションガール」から、ミュージカル調の「ナナちゃんの再生講座」、モータウン調の「子供じゃないもん17」、サーフロック×早口ラップ×パンクな「私は面白い絶対面白いたぶん」、さらにはアコギ1本による弾き語り「デートはやめよう」まで、本当にバラエティに富んだ楽曲が並んでいる。「ノスタルジックJ-POP」は、エモなサウンドと鋭い批評性を持った歌詞のギャップがすごくて、最初に聴いたときは毒想的かつ独創的な表現に舌を巻いたほど。彼女の多芸多才ぶりが発揮された、とてもポップな一枚だ。

続きはこちら